倫理性といった要素を組み込んで“定常状態の経済学”を再定義し-割引爆発



辛坊治郎 パワハラで番組降板の可能性も 女性プロデューサーは誰?

かつ時間が経ってもなお震災の傷跡を見ることができると思ったからだ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フリーアナウンサーの辛坊治郎さんが日本テレビの社員である
女性プロデューサーにパワハラをしたと週刊文春が
報じています

辛坊治郎さんはフリーアナでありながら多くのレギュラー番組を
持っており今回のパワハラ騒動で番組降板の可能性もあるのでは?
との声も

パワハラを受けた女性プロデューサーとは誰なのかなど
調べていきます

エントランス部の看板の文字は一部はぎ取られていた スポンサードリンク



スポンサーリンク
新たに備え付けられたオブジェたちの歓迎を受ける
そんなことでは記憶が風化してしまうではないか

辛坊治郎が日テレ社員の女性にパワハラ

辛坊治郎さんが日本テレビで働く女性プロデューサーに
パワハラを働いたというスクープを文春オンラインが
報じています

事件が起きたのは昨年12月中旬。辛坊氏が司会進行を務める『深層NEWS』
(BS日テレ系)放送後のことだった。

「『深層NEWS』の女性プロデューサーが、帰ろうとする辛坊さんを
日本テレビの玄関口の車寄せのところで呼び止めた。
番組内容について話し合っているうちに、彼女と辛坊さんとの間で
口論になったのです」(日テレ社員)

徐々に2人はヒートアップ。押し問答の末、辛坊氏は壁に手をつき、
いわゆる“壁ドン”の格好で、彼女を衆人環視の中で
「お前なんかいつでも飛ばせる」などと面罵したという。

「女性プロデューサーがコンプライアンス担当の部署に訴えたのです。
彼女は一時、体調を崩して会社を休む事態となっていました」

文春オンライン

文春さんの報道を見てみるとかなりのパワハラですね

かなりすごい内容です

辛坊治郎さんのイメージもかなり変わりますし

「お前なんかいつでも飛ばせる」ってかなりのインパクトです

辛坊治郎がパワハラ『深層NEWS』の女性プロデューサーは誰

辛坊治郎さんがパワハラをしたのは『深層NEWS』の女性プロデューサー
という事です

article 倫理性といった要素を組み込んで“定常状態の経済学”を再定義し

『深層NEWS』のスタッフについて調べてみましたが女性の
名前はなく男性のものばかりでした

もしかしたら最近、辛坊治郎さんが司会をする『深層NEWS』の
担当になった方かもしれませんね

辛坊治郎 パワハラで番組降板の可能性は?

パワハラをした方がいくら否定しても被害者が精神的苦痛を
受けたとしたらそれは立派なパワハラです

現在、辛坊治郎さんはパワハラを否定していますが実際
女性プロデューサーは今回の一件で仕事を休むなどしています

辛坊治郎さんの番組交番の可能性もありそうですね

ただ、辛坊治郎さんは帰宅する途中で呼び止めたのは
女性プロデューサーです

いったいどんなことを話していたのか?なぜ外で話さなければ
ならなかったのか?
きちんと明かしてほしいものですね

ネットの反応

積極的にボランティアや復興支援活動に取り組んでいる人たちがいて

この場合は何を言っても辛坊さんが悪いことにされてしまうのではないかな。
辛坊さんが話すことは疑わしくとられ、女性プロデューサーが話すことは、かわいそうにとなり、結局真相はわからなくなる。

密室でもない場所で口論した事がパワハラ?そりゃ考えが違えば議論もするよ。白熱したら壁に手も付くよ。それがパワハラだったら何も言えなくなるよ。

神戸港から石巻の方角を望むように設置されていたとのことだ

この番組の開始当初の治郎さんの愚痴が半端なかった。
本人も契約書上しかたなくやってる感あるし、この番組自体引き際なんじゃないかな。次のMCの成り手はいないでしょ。

辛坊さんが悪いように書いてあるが、事実はどうなのかな?言い合いになるにはそれ相当のわけがあるはずだから、もっと事実関係が明らかにならないと。

まとめ

今回は、辛坊治郎さんが日本テレビの女性プロデューサーに
パワハラをしたとの週刊文春の報道を調べました

パワハラに関して辛坊治郎さんは否定していますが実際の所
どうなんでしょうか?

文春さんの2の矢3の矢があるかもしれませんね

価値をもたらすことこそが必要なのではないか
施行5年で立件ゼロ… 特定秘密保護法が捜査側の「強力な武器」にならなかった訳